グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  病院紹介 >  病院概要

病院概要



病院概要

経営主体 医療法人社団青山会
名称 青木病院
所在地 〒182-0035 東京都調布市上石原3-33-17
TEL 042-483-1355 FAX 042-483-6088
開設 昭和37年11月
理事長 青木 浩子
院長 飛鳥井 望
管理者 青木 誠
名誉院長 南光 進一郎
診療科目 精神科・心療内科・内科
病床数 320床(精神270床 一般50床)
医療設備 CT・X線診断装置 超音波診断装置 全自動血球計数器 生化学分析装置
アンモニア測定装置 免疫反応測定装置 血液ガス分析装置 心電計 脳波計

沿革

青木病院は、初代院長である青木義作が、1945(昭和20)年に青山の地に青木神経科を開業したところから始まりました。
青木義作は、歌人斎藤茂吉の従弟にあたり、北杜夫の著書「楡家の人々」のモデルとなった青山脳病院の副院長として、斎藤茂吉院長を補佐し、大正末期から終戦までの困難な四半世紀を患者さんと共に過ごしました。この経験と実績を踏まえ、青山脳病院の廃院に際し独立した経緯があります。
青木神経科はその後、有床診療所となりますが、運動場を有する病院設立を求めて、1962(昭和37)年11月に、現在の調布市に青木病院を開設いたしました。
青木神経科は、現在は青木医院として、当時と同じ場所で診療を続けています。
1945(昭和20)年11月 東京都港区の青山に「青木神経科」開設
1954(昭和29)年  19床の有床診療所となる
1962(昭和37)年11月 東京都調布市に「青木病院」開設(70床)
1963(昭和38)年12月 医療法人社団認可 理事長 青木義作 就任
1965(昭和40)年11月 病棟増築 総病床数216床
1970(昭和45)年4月 心理室設置
1973(昭和48)年6月 病棟増築 283床
1982(昭和57)年1月 病棟増築 338床
1988(昭和63)年9月 理事長 青木典太 就任
1994(平成6)年 8月 精神科デイケア 開始
1995(平成7)年 4月 介護老人保健施設 グリーンガーデン青樹 開設(90床)
1995(平成7)年 12月 335床に登録変更
1998(平成10)年3月 精神科作業療法開始
2000(平成12)年4月 居宅介護支援事業所 せいじゅ 設置
2001(平成13)年9月 在宅介護支援センターせいじゅ 設置
2003(平成15)年2月 新病棟建設 着工
2004(平成16)年5月 新病棟建設 第一期完了
2005(平成17)年7月 新病棟への引越完了 精神科270床(うち認知症治療病棟50床)
2005(平成17)年11月 合併症治療病棟(50床)運用開始
2005(平成17)年12月 院内売店営業開始
2006(平成18)年3月 新病棟建設 完了
2009(平成21)年12月 理事長 青木浩子 就任
2017(平成29)年4月 院長 飛鳥井望 就任

交通アクセス

クリックにて拡大できます

電車によるアクセス

  • 京王線西調布駅より南へ徒歩12分      
  • 京王線調布駅南口よりタクシーにて約10分   
  • 京王線調布駅南口より京王多摩川駅経由飛田給駅南口行バス「二本松」下車徒歩1分
  • 京王線飛田給駅南口より京王多摩川駅経由調布駅南口行バス「二本松」下車徒歩1分
  • JR南武線矢野口駅より北へ徒歩20分

車によるアクセス

  • 中央自動車道調布インター(新宿・調布方面)より多摩川方向へ5分
  • 駐車場完備(無料)